なぜ、妊娠中にニキビが増えるの?

妊娠中にニキビで悩まれる方はとても多いです。

初めて妊娠された方のみでなく
2人目、3人目の赤ちゃんをご懐妊された時に
初めての妊娠のときには
ニキビはできなかったのにどうして?
と思われる方も多いようです。

それと、妊娠中は時期によっても
ニキビのでき方が違います。

ニキビは女性ホルモンと大きな関係があるからです。

思春期にニキビができやすいことはご存知ですね。
これは、思春期のホルモンと肌の成長に関係があります。

同じように、妊娠中も
ニキビと女性ホルモンには大きな関係があります。

では、妊娠中のニキビとの付き合い方について
お伝えしたいと思います。

ニキビの原因を知りましょう

妊娠中にかかわらず、
ニキビと上手にお付き合いするためには
ニキビについて知る必要があります。

 ニキビができる原因と種類 → こちら

ニキビは、お肌の状態だけでなく
体全体の体調やホルモンとも大きな関係があります。

妊娠中のホルモンバランス

当然のことながら、妊娠中は女性ホルモンの働きが
これまでとは大きく違ってきます。

これから新しい命を体の中で育てるわけですから
当然ですよね。

下の図は、妊娠中のホルモンの変化を図示しています。

妊娠初期は、ホルモンが大きく分泌されることから
ニキビができやすくなります。

個人差がありますが、
顎のニキビで悩まれる方が多いようです。

それと、ニキビの原因と種類を先ほどお伝えしましたが
妊娠中にできたニキビが、
通常のニキビと違う場合は、早めにお医者様に
診てもらうことをオススメします。

妊娠中はこのようにホルモンの分泌が大きく変わります。
しかしながら、それは個人差がありますし
お肌にどのような影響があるかは
分からないことですので、
ニキビの症状が悪化しない前に
適切な処理をする方が良いからです。

また、ニキビは女性にとってとても気がかかりなことで、
ストレスの原因にもなりかねません。

お腹の中の赤ちゃんのためにも
症状がちょっと違うと感じたら
早めに病院にいきましょう。

妊娠後期は比較的安定

妊娠後期は、比較的にホルモンの分泌も
落ち着いてきて、お肌のトラブルも少なくなってきます。

しかし、それでも通常とは違いますし
お腹の赤ちゃんも大きくなって
身動きを取るのも大変な時期です。

特に夏などは、汗をかきやすくなりますから
体の中の原因よりも、お肌に直接的な原因で
ニキビができてしまったりします。

出来る限り、お化粧なとは控えるか
自然に近い基礎化粧品を使って
お肌の清潔に保ちながら、お肌の負担は少なくしましょう。

とくに、「界面活性剤」が入った
化粧品は使用量を少なくするか、
使用を控えめにした方が無難です。

ピーリングは控えめに

ピーリングとは何かというと、老化してしまった不要な角質層をピール(peel:皮を剥くの意味)した結果、新しくて潤った角質に入れ替え、新陳代謝を促す効果の出やすい美容法です。

日常的な寝不足は人の肌にどんな影響を与えるかご存知でしょうか?その代表格ともいえるのが皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が遅延すること。健康なら28日毎にある皮膚の生まれ変わる速さが遅くなってしまうのです。

化粧の悪いところ:うっかり泣いてしまうとまさしく阿修羅のような顔になること。微かに多くなっただけなのに派手になってしまいみすみす地雷を踏んでしまうことになる。顔の造りをごかますのにも甚だ苦労する。

最近は、ピーリングに励まれる方も多いですが、
ピーリングは、基本的には界面活性剤を使ったケアーなので
妊娠中はできるだけ控えた方が良いでしょう。

また、妊娠を機会に自然派による
お肌ケアーに目覚められる方も多いです。

自然派の成分には、食物派がお肌に合う方と動物派がお肌に合う方と
別れるようですが、その理由は良くわかっていません。

お肌の調子を見て、使い分けされるのが良いです。

どちらにしても石油由来の界面活性剤は
妊娠中は少量にするか、控えるようにしましょう。

Menu

TOP